人工知能学会 第106回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)

主査 河原吉伸
幹事 瀧川一学,石畠正和,西郷浩人,宋剛秀,戸田貴久
担当幹事 戸田貴久

■ 開催日:2018年3月16日(金), 17日(土)

■ 発表申込期限:2018年2月9日(金)

■ 原稿提出期限:2018年2月23日(金)
一般発表はA4用紙原則6枚以内 (Work-in-progress poster 発表は
標準で4枚以内,6ページまでは増ページ無料)
スタイルファイル・サンプル等は下記からダウンロードしてください.
http://www.ai-gakkai.or.jp/sig/sig-style/

■ 会場: 指宿市民会館 中会議室
〒891-0404 鹿児島県指宿市東方 東方12000

■ テーマ:特集「命題論理の充足可能性問題SATの最新動向」および一般

■ 開催趣旨
命題論理式の充足可能性判定(SAT)問題は,約半世紀に渡って膨大な量の研究
が蓄積されてきました.特に近年SAT問題を解くプログラムであるSATソルバー
の性能が飛躍的に向上し,様々な応用領域における推論の基盤技術としてSAT技術
は注目を集めています.

今回の研究会で扱う話題の例としては, SATソルバー, SAT符号化, SAT型システム
などはもとより, SMT, ASP, CSP, QBF, MaxSAT, 擬似ブール制約 などSAT技術に
関連する話題や, プランニング, モデル検査, ソフトウェア検証 など各種の応用や
事例研究, あるいは, SATの複雑さに関する基礎理論などが挙げられます.
さらには, より広い視点から Knowledge Compilation や BDD/ZDDなどの
離散構造処理系, 実用的な探索アルゴリズム なども含まれます.
このように多面的な観点から, SATを取り巻く近年の動向を学ぶ機会として,
幅広く研究発表を募集します.
もちろん,これらに限らず,人工知能の基本問題に関する理論・技術の研究発表も歓迎します.

■ 招待講演:
[講演] 土屋 達弘(大阪大学)
□ 講演タイトル:TBA
□ 概要:TBA

■ 参加費:
当研究会の聴講は無料です.
研究会資料は発表の有無に関わらず1500円(学生会員無料)です.

■ 懇親会:
(調整中です.詳細は後日連絡いたします.)

■ 照会先:戸田貴久 (電気通信大学)
E-mail: sig-fpai@sanken.osaka-u.ac.jp

■ 人工知能学会の研究会資料(第一種)の扱いについて(2015年度より)

2015年4月以降に人工知能学会第一種研究会に投稿された研究会資料は,
紙冊子に掲載されると同時に,学会事務局で資料ID(※1)を付与した上で
学会文献提供サイト「AI書庫」(https://jsai.ixsq.nii.ac.jp/ej/ )上のPDF
ファイルとして閲覧可能となります.

発行日(※2)から一年間は,一本あたり(非会員 600円+消費税,学会員 300
円+消費税,登録会員 0円)にて販売します.一年間の保留期間(エンバーゴ)
後は無料購読できるようになりオンライン公開されます.

なおAI書庫上のデータには,標準的な識別子(番号)は付与されませんが,
一般的な検索エンジンや国立情報学研究所が提供するCiNiiなどから容易に
検索できるようになります.

(※1)研究会資料ID付与規則の変更(2015年度より)

 研究会資料ID(論文ID)の付与ルールを下記のように統一しました.
  資料ID: [研究会名略称]-[巻(3桁)]-[号(2桁)] 例:SIG-SWO-021-03
  巻: 研究会の通算の開催回数 例:21
  号: 特定の回での論文の発表順 例:3
  頁: 研究会毎に以下の何れかのポリシーで付与する.
 A) 各回でページナンバリングしている場合は,そのページ情報を使用
 B) そうでない場合には,発表毎に「pp. 1-論文のページ分量」

(※2)紙媒体の奥付に記載された発行日