人工知能学会 第104回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)
※ 第104回研究会は人工知能学会および基盤(S)離散構造処理系プロジェクトとの共同主催です.

主査 河原吉伸
幹事 瀧川一学,石畠正和,西郷浩人,宋剛秀,戸田貴之
担当幹事 石畠正和

■ 開催日:2017年8月8日(火),9日(水)

■ 会場:小樽市公会堂
〒047-0024 小樽市花園5丁目2番1号
1号会議室
地図

■ 発表申込先:石畠正和 (北海道大学)
E-mail: sig-fpai@sanken.osaka-u.ac.jp
以下の内容をE-mailでお申込みください.
-------------------------------------------------------------
(1)発表題目:
(2)著者(発表者の頭に○):
(3)所属:
(4)著者連絡先
住所: 〒
氏名:
Tel:
Fax:
E-mail:
(5)アブストラクト(50字程度):
(6)連絡欄
-------------------------------------------------------------

■ 発表申込期限:2017年7月3日(月) 14:00

■ 原稿提出期限:2017年7月20日(木) 14:00

■ テーマ:特集「人と接する人工知能技術」および一般

■ 開催趣旨
深層学習(Deep Learning)の流行に伴い,「人工知能」は,ありとあら
ゆる分野で注目を集めるキーワードとなっている.しかし,この急速な
人工知能の注目に反し,具体的な人工知能技術への理解は疎かなままで
あり,人工知能は人間の脅威になるという風評もまた増えている.そこ
で今回の研究会では,そのような誤解を解くべく,医療AIやゲームAIな
ど,「人間に接する人工知能技術」に関する応用・基礎研究および未解
決問題や問題提起などの発表を募集する.そして本研究会を通して,人
工知能が人々の生活を豊かにできる可能性を議論する.また,人間に接
する人工知能技術に限らず,人工知能の基本問題に関する応用・理論に
関する研究発表も歓迎する.

■ 招待講演 (五十音順):
[講演1] 関嶋 政和 (東京工業大学)
□ 講演タイトル:TBA (スマート創薬に関して)
□ 概要:TBA

[講演2] 美添 一樹 (理化学研究所 革新知能統合研究センター)
□ 講演タイトル:TBA (ゲームAIに関して)
□ 概要:TBA

■ 参加費:
当研究会の聴講は無料です.
研究会資料は発表の有無に関わらず1500円(学生会員無料)です.

■ 懇親会:
8月8日(日) に小樽駅付近で開催予定

■ プログラム(仮):
[ 8月8日(火) (13:00-17:00) ]
----------------------------------------
セッション1 (13:00-14:20)
----------------------------------------
----------------------------------------
招待講演1 (14:30-15:30)
----------------------------------------
----------------------------------------
セッション2 (15:40-17:00)
----------------------------------------
----------------------------------------
懇親会 (18:30-20:30)
----------------------------------------


[ 8月9日(木) (9:00-12:00) ]
----------------------------------------
招待講演2 (9:00-10:00)
----------------------------------------
----------------------------------------
セッション3 (10:10-11:30)
----------------------------------------
----------------------------------------
閉会 (11:40-12:00)
----------------------------------------

■ 照会先:石畠正和 (北海道大学/NTT)
E-mail: sig-fpai@sanken.osaka-u.ac.jp

■ 人工知能学会の研究会資料(第一種)の扱いについて(2015年度より)

2015年4月以降に人工知能学会第一種研究会に投稿された研究会資料は,
紙冊子に掲載されると同時に,学会事務局で資料ID(※1)を付与した上で
学会文献提供サイト「AI書庫」(https://jsai.ixsq.nii.ac.jp/ej/ )上のPDF
ファイルとして閲覧可能となります.

発行日(※2)から一年間は,一本あたり(非会員 600円+消費税,学会員 300
円+消費税,登録会員 0円)にて販売します.一年間の保留期間(エンバーゴ)
後は無料購読できるようになりオンライン公開されます.

なおAI書庫上のデータには,標準的な識別子(番号)は付与されませんが,
一般的な検索エンジンや国立情報学研究所が提供するCiNiiなどから容易に
検索できるようになります.

(※1)研究会資料ID付与規則の変更(2015年度より)

 研究会資料ID(論文ID)の付与ルールを下記のように統一しました.
  資料ID: [研究会名略称]-[巻(3桁)]-[号(2桁)] 例:SIG-SWO-021-03
  巻: 研究会の通算の開催回数 例:21
  号: 特定の回での論文の発表順 例:3
  頁: 研究会毎に以下の何れかのポリシーで付与する.
 A) 各回でページナンバリングしている場合は,そのページ情報を使用
 B) そうでない場合には,発表毎に「pp. 1-論文のページ分量」

(※2)紙媒体の奥付に記載された発行日